プロ野球ファンならブックメーカーで勝つ

勝ち

日本のプロスポーツで一二を争うほどの人気を集めているプロ野球は、ひいきチームの勝ちを祈って応援するというのが基本的な観戦の仕方です。見事に勝利した時には、勝利の美酒に酔いしれることで、日々のストレスから解放されます。また、大声で応援したり、ファン同士で喜びを分かち合うなど喜びを増幅させることが出来るので、多くの人が球場に足を運ぶことになります。

なお、このように魅力的なプロ野球は、ブックメーカーを利用することにより、さらに楽しみを倍増することが可能です。何故なら、ひいきチームにお金を賭けられるので、勝利の暁には単に嬉しいというだけはなく、具体的な利益を享受することが出来ます。

ちなみに、日本では公営以外のギャンブルは認められていないので、国内業者が運営しているブックメーカーにお金を賭けた場合は業者と共に処罰されることになります。これは、賭博及び富くじに関する罪が適用されるので、客側は50万円以下の罰金または科料に処せられることになります。

ただし、外国の正規のブックメーカーがインターネットを通して提供しているサービスの場合は、これを利用しても現在のところ逮捕されるような心配はありません。これは、海外の業者に国内法を適用することは出来ないので、外国旅行の際にカジノで遊んでも帰国後に捕まらないのと同じ理由です。